スポンサーリンク
節約

「小規模宅地等の特例」で生活に必要な住宅等を売却しなくても済む

夫が亡くなった際に、残された遺産が自宅だけということがあります。自宅だけを相続した妻に相続税が課されると、自宅を処分するしかなくなることで、妻は路頭に迷います。そんな悲劇が起きないための救済措置が設けられており、それが「小規模宅地等の特例」...
年金

国民年金の支払いは生活が苦しい時に減免申請できる

定年まで勤務する前に突然リストラに遭った時には、国民年金の減免申請が出来ると知っておくと良いです。年金事務所へ出向いて失業状態を証明しつつ申請を行うと、一部免除だけでなく猶予措置も受けられますが、申請をするようには勧められません。 こ...
節約

電気を普通に使いながらも料金を節約する方法

電気代の節約はこれらを意識すれば、大きく節約に 家庭生活における光熱水費としては、電気代、ガス代、水道代が上げられます。これらの経費を節約する為にどうしたらいいのか、一番の近道は使用量を控えることですがこれには限度があり、あまり控えすぎる...
未分類

「クレジットカード節約」を考えてみました

家計をよくするために節約を必死にしていました。おかずを減らしたり、安いものを買ったりしていましたが、ある程度してくるとそれもそこまで影響がないように思えました。 ということで、調べて節約方法を根本から見直すことにしました。 クレジッ...
年金

厚生年金の経過的加算をかしこく使う方法

ある条件を満たしている場合、国民年金の保険料を支払わずに未納にした方が得なケースがあります。 国民年金は、加入期間が20歳から60歳の40年間と定められています。一方、厚生年金には基本的には加入期間の制限がありません。しかし、サラリー...
年金

国民年金保険料の免除制度の利点とは

年金保険料が未納のままだと、老齢年金だけでなく障害年金や遺族年金の支給もされなくなる場合があります。家計の収入が苦しくて年金保険料を納めるのが難しいときには「保険料免除制度」を利用すると利点がある場合があります。 承認されると保険料の納付...
未分類

最も分かりやすい節約方法は通信コスト管理だった

将来に備えて貯蓄と投資を増やしたいと考えた時に、支出面の見直しは必須です。 生活レベルをさほど引き下げずに効果を実感しやすい方法として、通信コストの見直しがあります。なぜなら、通信コストは使い方を少し見直したり、料金を見直すだけでも毎...
その他

定年前に備えておきたいもの

長く働いていると、誰もが定年を迎えます。あれもしたい、これもしたい。さまざまな希望を胸に、今の仕事に向き合っていることと思います。 しかし、夢ばかりではないのが現実です。定年を迎えるにあたり、落とし穴というべきことが実はたくさんありま...
節約

定年後にオススメしたい「シンプルライフ的な買物節約術」

お買い物もシンプルにすることでムダを激減。買い方の見直しで大きく節約することも可能とあります。気になる方法があれば、ぜひやってみてほしいです。 まずは、お財布を分けてしまおう! 家計簿はつけたいけど、なかなか忙しさもあってかつけられない...
その他

プロ野球選手の年棒や契約金にかかる税金について調べてみた

プロ野球の一流選手ともなれば、年棒が1億円以上になることも珍しくありません。 また、プロ野球選手の平均年棒は約4,000万円になっており、大企業の社長より高額な収入を得ています。そのため、一般市民には想像もできない金額の税金が課されて...
スポンサーリンク