年金

スポンサーリンク
年金

個人型と企業型の2つの確定拠出年金

公的年金制度の破綻への不安や、銀行預金の低金利への不満から、確定拠出年金を利用する人が増加しています。その確定拠出年金には「個人型確定拠出年金(iDeCo)」と「企業型確定拠出年金(DC)」の2種類があります。2つの私的年金では制度上、異な...
年金

これから年金をもらう人は「ねんきん定期便」を活用しましょう

自分の年金については、自分ごととして確認が必要でしょう。現実を知ることは怖いこともありますが、どんな年代でも年金において「今の自分」を頭の片隅にでもあった方が後々良いです。 年金の確認には「ねんきん定期便」を利用すると便利です。 「...
年金

自分の老齢厚生年金を計算する方法(計算式など詳しく解説)

老齢基礎年金の受給額の計算は比較的簡単です。平成30年度は満額で779,300円です。 各年度の満額は平成16年に法定された満額である780,900円を基準として、これに毎年決められる改定率を乗じて計算されています。 【平成...
年金

iDeCoへの拠出の単位が月から年へ変更になった

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の制度が改正され、掛け金の拠出が従来の月1回から、年1回積み立てれば良いというルールに変更されました。 これからiDeCoの加入を検討している人、またすでにiDeCoに加入している人でも、改正内容を...
年金

国民年金の受給額を増やすために加入しておきたい付加年金

日本は国民皆保険制度になっているため、サラリーマンや公務員は厚生年金、それ以外の個人事業主や学生、フリーランスは国民年金に加入します。ただ、国民年金は厚生年金と違って受給額が少ないため、希望する人には受給額が追加される「付加年金制度」があり...
年金

年金があてにならない時代にどうする?

一昔前までは年金をそれほど納めていなくても、十分な年金がもらえる時代がありました。 しかし、現在は少子高齢化に歯止めがかからず、働く世代の人口がどんどん減少してきています。さらに働く世代も非正規雇用が少なくなり、収入が減ってきているこ...
年金

定年前には年金の金額を早めに確認しておきましょう

年金定期便などで受け取る年金の金額が確認できます。定年を迎える前に金額を把握しておくと老後の計画が立てやすくなります。退職金と共にどのように運用したり、貯蓄するかなども早めに情報を集めて準備しておくといいでしょう。 早期受給(繰り上げ受給...
スポンサーリンク