年金

スポンサーリンク
年金

たったの2年で元が取れる、国民年金の「付加年金」を忘れずに

国民年金の「付加年金」は現在、国民年金を支払っている方におすすめです。 付加年金の仕組み上、たったの2年で元が取れるから驚きです。国民年金を払っている方は入らない手はありません。むしろ、入らないと損をするというレベルでしょう。 ...
年金

公的年金の「積立方式」と「賦課方式」のメリットを知っておく

公的年金の支給においては2つの特徴があり、1つ目は現役時代の所得(保険料の納付額)に比例した年金が給付されることです。つまり、給与の高かった人ほど、給付額が多くなります。 2つ目は生存している限り給付を受けられるということです。また、...
年金

国民年金保険料の前納割引制度でかなりの節約に

国民年金保険料は『前納』できることをご存知ですか? 国民年金保険料は、前納(まとめて前払い)することで割引になる特徴を持っています。どうせ払うなら、少しでも割引を受けた方がお得です。 今回は前納制度について、どの程度の割引効果がある...
年金

老後資金と年金の基本的な考え方

会社などを退職後は年金収入などを基本として生活することになります。しかし、退職後の生活年数も長期化しており、第二の人生を満足できるものにするには年金以外の収入についても準備しておくことが重要になります。 老後の生活資金について 会社など...
年金

年金の支給額は現役時代の給与と加入期間で決まる

「自分はいくら年金をもらえるのか?」 このようなことを気になっている人も多いはず。まずは、支給される年金額の概算だけでも知っておくと、定年後の資金計画がより具体化してきます。今回はその方法について解説していきます。 「ねんきんネット」で...
年金

国民年金の支払いは生活が苦しい時に減免申請できる

定年まで勤務する前に突然リストラに遭った時には、国民年金の減免申請が出来ると知っておくと良いです。年金事務所へ出向いて失業状態を証明しつつ申請を行うと、一部免除だけでなく猶予措置も受けられますが、申請をするようには勧められません。 こ...
年金

厚生年金の経過的加算をかしこく使う方法

ある条件を満たしている場合、国民年金の保険料を支払わずに未納にした方が得なケースがあります。 国民年金は、加入期間が20歳から60歳の40年間と定められています。一方、厚生年金には基本的には加入期間の制限がありません。しかし、サラリー...
年金

国民年金保険料の免除制度の利点とは

年金保険料が未納のままだと、老齢年金だけでなく障害年金や遺族年金の支給もされなくなる場合があります。家計の収入が苦しくて年金保険料を納めるのが難しいときには「保険料免除制度」を利用すると利点がある場合があります。 承認されると保険料の納付...
年金

個人型と企業型の2つの確定拠出年金

公的年金制度の破綻への不安や、銀行預金の低金利への不満から、確定拠出年金を利用する人が増加しています。その確定拠出年金には「個人型確定拠出年金(iDeCo)」と「企業型確定拠出年金(DC)」の2種類があります。2つの私的年金では制度上、異な...
年金

これから年金をもらう人は「ねんきん定期便」を活用しましょう

自分の年金については、自分ごととして確認が必要でしょう。現実を知ることは怖いこともありますが、どんな年代でも年金において「今の自分」を頭の片隅にでもあった方が後々良いです。 年金の確認には「ねんきん定期便」を利用すると便利です。 「...
スポンサーリンク