年金

スポンサーリンク
年金

60歳からでも年金を増やす方法がある

「付加年金」という制度をご存知でしょうか? 付加年金は自営業の人などが加入する「第1号被保険者」のみが加入できる年金制度です。会社員として現役で働いている方は「第2号被保険者」となりますので、残念ながら入れない特徴を持ちます。 ...
その他

退職金の使い道や年金の受給開始年齢などの悩みは迷わずFPを活用

50代を過ぎると、少しずつ老後のことを考えるようになるでしょう。退職金の効率的な使い方や複雑な年金制度に関する疑問など、お金に関することを一人で考えていませんか? お金のことを一人で考えていると、なかなか良い答えが導き出せない場合があ...
年金

病気で仕事ができなくなった時の障害年金

サラリーマンが病気になって仕事ができなくなると、健康保険の「傷病手当金」が支給されます。傷病手当金の受給期間中に病気が治って勤務に復帰できればいいのですが、そのまま休職し続ける場合は「障害年金」の申請をすることになります。 障害年金の受給...
年金

年金支給額を減らさずに定年後も働き続ける方法

最近では定年を迎えた後も、再雇用や再就職で働き続ける人が増えています。再雇用や再就職で働き続ける人の割合は7割以上とも言われています。しかし、年金をもらいながら働くと、もらえる年金が減ってしまうということが気になると思います。 今回は...
年金

これから年金を申請する人は知っておきたい年金豆知識

年金がもらえる日が近づいてくると、約3カ月前に日本年金機構から、申請用の書類が郵送されてきます。年金は申請をしないともらえないため、年金を受給したい場合は申請を必ず行わなければいけません。 これから、受給したいと考えている方は申請方法...
年金

【年金の基礎】年金受給には原則10年以上の加入期間が必要となる

年金は非常に複雑な制度となっており、ややこしい一面があると思います。年金制度の基礎をしっかり理解し、損をしないよう心がけていきたいですね。 今回は「年金受給には原則10年以上の加入期間が必要となる」というテーマです。 一定の年齢...
年金

10年加入でももらえる国民年金、もらえる金額はいくら?

「10年年金」をご存知でしょうか? 2017年8月1日より、受給資格期間が10年(120ヶ月)以上あれば、老齢基礎年金や老齢厚生年金を受け取ることができるようになりました。従来は受給資格期間が25年(300ヶ月)以上でしたので大幅に短...
年金

遺族基礎年金は夫でも受給できるように改正されています

現在では若い夫婦の共稼ぎが一般化しており、妻の収入が家計の中心になっていることが少なくありません。従来、夫が死亡すると、残された妻子の生活を保障するための「遺族年金」が支給されますが、現在では遺族となった「夫子」にも遺族年金が支給されるよう...
年金

年金の受給資格期間の短縮によって変わること

従来、年金を受給できる資格期間が25年(300ヶ月)になっていたことから、24年間保険料を納付しても1円の年金も貰えないという不合理さが問題になっていました。 平成29年8月から年金受給資格期間がこれまでの25年から10年に短縮されま...
年金

年金をもらうための手続きを知っておこう

これから年金を受け取る予定の方に年金をもらうための手続きをお伝えしたいと思います。 まずは年金を受け取れる支給開始年齢を迎える誕生日の約3か月前に日本年金機構より「年金請求書とリーフレット」が送られてきます。この通知が送られてくるまで...
スポンサーリンク