流行りのスマホ決済は何が便利? どうやって使う?

未分類

スマホ決済は電子マネー(EdyやSuica)などの非接触型の決済方法が主流でしたが、近年ではバーコードやQRコードを読み取る決済方法が増え始めています。

QRコードを読み取るタイプの決済方法では、「LINEPay」や「Origami Pay(オリガミペイ)」などが人気です。2018年10月には、「PayPay(ペイペイ)」が100億円あげちゃうキャンペーンとしてPayPay利用者に大還元を行い、メディアなどで大きく取り上げられ注目を浴びました。人気の上昇とともに、各社がスマホ決済サービスに参入し、これらの「○○Pay」が急増してきています。あまりの乱立ぶりに、どのサービスを使おうか迷うほどです。

さて、なぜこんなにもスマホ決済に人気が集まっているのでしょうか。実際に何が便利でどう使うのか、メリットなど見ていきたいと思います。

スマホで支払いを行うメリットとは?

スマホ決済には、冒頭にある通りに「非接触型」と「QRコード/バーコード型」の2種類があります。どちらもスマホだけで決済できることから、現金やクレジットカードが不要になります。身軽になることに加え、おつりが発生しないため、スピーディーに買い物ができて便利。また、支払い明細も確認できるのも特徴です。

QRコード/バーコード決済が注目される理由

導入しやすい決済手段が拡大の要因の1つです。いまや国民に1台と言われるほど、スマホ所有率が高まっています。そのスマホをツールとして活用することから、幅広い人を対象にできます。店舗においても、スマホから読み込むだけなので専用の端末が不要となることから、導入のしやすさもあるでしょう。さらにサービス提供会社がお得なキャンペーンを行うことで、利用するきっかけを作ることに成功しています。

ポイント面でもお得

決済することでポイントが貯まるスマホ決済も増えてきています。「楽天ペイ」や「d払い」などでは、支払いをクレジット決済にすることで、2重にポイントを取得できます。(QRコード決済によるポイント取得とクレジットカードのポイントの2重取り)

お店によっては、お店独自のポイントサービスもあるので3重取りすることも可能です。

セキュリティはどうなっている?

不正利用を防ぐ目的で指紋認証などのセキュリティを付与するサービスが増えています。クレジットカードからの引き落としにしておけば、クレジットカードの補償も受けられることから安全性は高まりつつあります。