なくても困らないものを買っていませんか?

節約

なくても困らないものを買っていた…

こんなシチュエーションは年に1度はあるものです。買った時は、すごく欲しかったはずなのに、気が付けばタンスの肥やしになっていることはたまにありますね。

いらないものは家に置いておいても、場所をとるだけ。でも、せっかく買ったのだから捨てにくいという負のスパイラルに陥りがちでもあります。

これを解決するには、物を買う時にはしっかり選別することしかなさそうですが、そもそも必要最低限のもの以外買わないという生活スタイルを確立することをオススメします。

なくても生活できるものは極力買わない

日本は便利なものがあふれています。次から次へと新製品が開発され、毎年のようにより便利なものが登場します。そして、便利なものは生活を豊かにします。だから皆、物を買う。そんな流れになっていると思います。

便利なものを買うことで、生活はよりクオリティが上がることと思いますが、その分大枚を叩くということを忘れてはいけません。

その商品は、価格に見合ったパフォーマンスが見込めるのかが大事です。単純に欲しいという衝動から商品を買うのではなく、これを買うとどう生活が変わるのか、数年後も使えるのかなどを熟慮しながら買うことが必要だと感じます。

究極は「なくても生活ができるならいらない」という考えです。これができるようになれば、お金はみるみる貯まると思います。

時代はシンプルに

断捨離やシンプルライフなどという言葉を聞いたことがあると思います。本当に必要なものだけ残したり、必要最低限で暮らす生活などを意味しますが、これがプチブームになりつつあります。

モノって意外にもストレスの原因にもなりうります。物があるから散らかりますし、管理も必要です。いらなくなれば、捨てなければなりません。よくよく考えるとわずらわしいのです。

逆に物がなければどうでしょう。部屋はスッキリ、物の管理も容易だから物を使いこなすことにつながり、物を大切にもできる。なによりも、物が増えないからストレスにもならない。お金も貯まるでしょう。まさにいいことづくめだったのです。

なくても困らないものは買わない。これだけを心にとどめておき、買い物していきたいものです。