増税間近の2019年にやっておきたいお金の使い方

未分類

2019年は予定通りであれば、10月に消費増税が行われます。予定通り実行されれば、家計の出費も当然増えていくことでしょう。

増税間近の今からお金のことを考えても、時すでに遅しの感はありますが、お金についてやれることをやっておくことで、これからの生活が楽になるかもしれません。

いまからやれるお金のこと、どんなことがあるのでしょうか。備えあれば憂いなし、やれることを見ていきましょう。

身の丈に合ったお金の使い方

お金を使う時、他人につられることはありませんか?

「みんなもっているから、欲しくなった…」ということは多いものですが、それは本当に必要なものでしょうか。買うと決めたときには、いったん深呼吸。本当に必要かどうか自問自答してみましょう。

自分は自分、他人の意見や行動に惑わされない心掛けができれば、お金は減りにくくなるでしょう。

ローンは頭金多めに

消費増税となる前にローンを組んでしまおうと考えている人も多いでしょう。確かに良い選択肢ですが、低金利のこのご時世だからこそ長いローンを組む人もいると思います。トータル的に見て、それはお得なのでしょうか。

やはり、ローンは早く終えたほうがいいものであるので、頭金を多めにして短めのローン期間を選択したほうが賢い選択に思えます。トータル的に節約につながり、なにせローンが早く終わるので、その後の精神衛生上にも有利に働くと感じます。

流動費の抑制へ

増税後は税金負担に加え、物価上昇の波も受け、ダブルパンチを食らう可能性があります。商品の値段は高騰し、家計のダメージは計り知れません。切羽詰まる家計の前に、いまのうちから節約する癖をつけておくことをオススメします。

特に、つい使ってしまいがちな食費や交際費はできるだけ抑えていきたいものです。これらの出費は、努力で大きく減少させることができます。ぜひ、見直していきたいものです。