有給休暇義務化でどうなる? パートも適用?

その他

2019年4月から労働基準法が改正され、一定の労働者に対し、有給休暇の取得が義務化されます。

働き方改革の関連法案の1つですが、ついに有給休暇に着手されることになりました。いまさらという感じではあるものの、有給休暇をほとんど取得できない日本が変わるかもしれませんね。

有給休暇義務化ですが、具体的にどのような点が変わるのでしょうか? また、パートやアルバイトにも適用になるのでしょうか?

有給休暇義務化のポイント

まず、この有給休暇義務化が適用される人から見ていきましょう。

有給休暇義務化の対象になるのは、「年次有給休暇が10日以上付与される方」となっています。社員レベルで働いている人はすべて対象になりますが、パートやアルバイトは勤務状況(日数や時間数など)によります。

次に有給休暇義務化の日数となりますが、「5日」です。基準日からの1年間は5日間の有給休暇を会社側から与えなければなりません。

すでに5日分の有給休暇を取得している人は対象外となり、2日間を自主的に取得していた場合だと、残りの3日間は会社が有給休暇を強制的に取得させるということになります。

すべての会社に適用され、対象者に5日以上の有給休暇を取得させなければならないため、実現すればかなりの底上げになるでしょう。

パートやアルバイトも適用?

週5日の勤務しているパートの人であれば、年次有給休暇10日以上になるため、有給休暇義務化となりますが、多くは年次有給休暇9日以下となると思います。

社員クラスの人たちが有給休暇取得の波を受けて、パートやアルバイトも有給休暇が取りやすい環境になることが考えられます。

育児休暇や生理休暇なども整備されるようになってきていますから、働く人はますます働きやすい環境になってくると思います。