株式投資は3つのリターンがある

投資

株式投資は、数ある投資の中でもっともメジャーな投資法の1つです。金融資産として保有する人は多く、日々のニュースでも「日経平均株価」や「大型の新規上場会社」はよく紹介されます。

株式投資をしたことがない人は、どのようにして資産を増やすのかわからないことが多いと思います。実は株式投資で得られるリターンは3つもあります。具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

①売却益(キャピタルゲイン)

株を取得した金額より値上がりしたタイミングで売却することによって、その差額を利益として受け取ることになりますが、これを売却益と言います。

株の基本姿勢では、株を安く買って高く売るということが一般的です。

どのような株が値上がりしやすいかというと、まずは業績が良い会社を選ぶことが先決です。この他にも今後成長しそうな事業があれば、株価が伸びることがあるでしょう。

②配当益(インカムゲイン)

株は売買だけが利益につながるのではなく、保有しているだけでも利益につながる場合があります。その理由としては、ほとんどの会社では定期的に配当を分配しているからです。

この配当は、会社が利益余剰金を株主に分配することから生まれるものです。単純に儲かっている会社が多く出す傾向がありますが、株主を大事にして、配当性向を高めている会社もあったりと会社ごとに違いが見られます。

長く持つことで利回りを得られることがあるため、株式投資は長期投資にも向いているといえます。

③株主優待

株式投資は主に売却益と配当益の2本柱ではあるものの、日本では株主優待も一般的です。株主優待は配当よりも多い価値にしている会社も多く、意外に侮れない存在です。

株主優待は主に金券や自社サービスに関するものが多く、現金は存在しません。自分がよく利用するサービスを運営する会社の株主であれば、かなりお得な生活ができることもあります。

とりあえず、売却益は置いておいて、配当と株主優待で年間利回り5%以上が得られることも少なくはありません。値下がりリスクはあるものの、この高い利回りは銀行預金に比べると破格といえるでしょう。これは株式投資の最大の魅力です。