高額療養費制度を賢く使う方法

節約

高額療養費制度は高額の医療費がかかった場合の社会保険面で補助してもらえる制度です。1カ月に支払った医療費が自己負担限度額を超えたとき、その超過分を支給してもらえます。

高額医療費制度と混同される人もいると思いますが、別物です。高額医療費制度は税制面の優遇を受けられる制度になります。

高額療養費制度を先に受ける

基本的には高額療養費制度は、申請すれば支払った医療費から後で還付が受けられる制度です。実際に還付を受けるには、3か月くらいがかかってしまいます。

高額な医療費だからこそ、3か月も待てないという人も多いでしょう。実は事前に申請すれば、医療費を還付分を考慮し負担分だけを支払いことも可能です。

その条件は、事前に協会けんぽに申請し、「限度額適用認定証」を受け取る必要があります。あとは、病院の窓口に提出するだけで手続きは終わりです。

高額療養費制度の不明点があれば

高額療養費制度や限度額適用認定証などでわからないことがあれば、相談できる窓口があります。

  • 加入している公的医療保険の相談窓口
  • がん診療相談センター
  • 病院の看護師や社会福祉士など

相談は本人はもちろんのこと、家族や友人でも可能です。また、高齢者であれば「地域包括支援センター」でも相談に乗ってもらえると思います。相談料などはかからないので気軽に相談してもらうと良いでしょう。