定年後のために50代のうちからやっておきたいこと

投資

50代となると、もうすぐ定年という人が多いでしょう。定年後のライフプランは決まっていますか?

「定年後のことは定年が近くなったら考える」「いまから考えなくても何とかなるだろう」という人はとても多くなっています。

50代のうちに準備しておかなかったばっかりに、定年後は苦労してしまうケースが実に多いです。50代は定年後のライフプランを組み立てる上で最適な時期だと言われています。定年後に不安のない楽しい生活にするためにも、いまのうちに対策を考えておくことをオススメします。

家計を再確認しよう

いまの生活は定年後にも続けることができるでしょうか?

基本的には難しいです。なぜなら、定年後の収入は給与から年金に変わり、いまほどの収入が見込めないからです。

運よく再雇用されたり、再就職したとしても給与は大幅に下がってしまうものです。

いまの生活で貯金ができるほどの家計ではない限り、定年後の家計は崩壊必死になります。

50代のうちに家計を見直し、想定できる年金の水準に合わせた生活をするか、いまのうちに定年後の出費を見越して貯金しておくことが良いでしょう。

よくあるのが、夫婦間で貯金の話ができていないケースです。相手に任せっきりで安心しきっている夫が多いといいます。本当は貯金がないのに、相当お金が貯まっているはずだから、ぜいたくをしようなんて考えていることもあるのです。

そうならないためにも、夫婦で現状の家計を確認しておいたり、将来について話しておくことをオススメします。

投資に興味があるなら早いうちに

定年してから、退職金を運用目的に初めて投資を行う人がいます。このケースは、銀行や証券会社に勧められるままに投資を行うことが多いです。

投資未経験はかなりリスクがあり、結果的に損をしてしまいせっかくの退職金が目減りしてしまうことがあるでしょう。すでに定年後の人生に入っているため、リカバリーできずに苦しい生活になりかねません。

定年後に資産運用するのは悪い選択ではありませんが、できれば早いうちに投資の経験をしておくと良いでしょう。

1万円などの少額でも投資ができるようになっています。定年前に投資を経験しておき、自分が投資に向いているかどうか確認する意味でも良いことだと思います。