銀行預金は果たして本当に安全なのか

未分類

日本は世界一の貯金大国だと言われています。日本人は貯金をする国民性で貯金をすることが一番安全だと考えている人が多いでしょう。そのため、国民のほとんどが銀行預金を行っている現状です。

銀行預金にはペイオフ制度もあり、利息は少ないながらもリスクがない運用とも言われ、安全神話のようになっていますが、果たして銀行預金は本当に安全なのかです。

個人的に少ないながらも銀行預金はリスクがあるのではと思っています。考えられるリスクについて、お話していきます。

銀行がつぶれたらどうなる?

まず、銀行がつぶれるなんて考えられないという人は多いと思いますが、つぶれる可能性は皆無ではありません。

いまの銀行が抱える問題として、マイナス金利が挙げられるでしょう。国民から預かるお金は日本銀行に預け入れしても、逆に利息が取られる時代です。

銀行としては、企業に貸し付けを行うか、別の運用をするしかありません。企業においても、最高益決算連発で内部留保が豊富になってきている現状で銀行からお金を借りたいという企業は少なくなっています。

投資信託の販売で利益をだそうも、投資が苦手な国民性でなかなか厳しいとも言います。いろいろ考えると、銀行はつぶれないとはいいがたいのです。

万が一、銀行が潰れることがあったとしても、ペイオフ制度により預金の1,000万円と利息までは保証されるので安全と考える人も多いですが、実はこれだけでは安全とはいいにくいです。

そのお金は、預金保険機構が通じて預金者に返されるのですが、その返される期日はいつになるのかわからないのです。

口座は凍結し、預金の返還を待たされる期間はお金に困る可能性があるということは、リスクになることを覚えておきましょう。できれば、複数の銀行にまたがり、預金を分散させることがリスク回避につながるので実践しておくと良いです。

インフレリスクを知る

銀行預金は元本が保証され、安全な資産運用だと言われいますが、インフレリスクを知るとそうでもないと言えます。

インフレとは物価が上昇することを指しますが、相対的にお金の価値が下落することを意味します。

いままで100円で買えたリンゴがもしも200円になったらとしたら、いままでなら1,000円あれば10個のリンゴが買えたのに、5個しか買えなってしまいます。同じリンゴでも買える数が減ることはお金の価値が下がったとも言えるのです。

これは銀行預金でも同じで、現在100万円預けていたとして、10年後も元本保証により100万円のまま。金額は同じでも、もし10年後にインフレが進んでいれば、当然10年前の100万円の価値はなくなってしまいます。先ほども説明したように、100万円で買えるものの量が減ってしまうためです。

実は銀行預金はインフレ時には弱い性質があるのです。ここ数年で物の値段がじわじわ上がり始めています。これはわからないことですが、10年後に大きくインフレしてしまったとしたら、いま預金している価値は目ヘリしてしまうということを覚えておきましょう。

逆にインフレに強いと言われる資産は、「不動産・株式・商品」です。リスク分散も兼ねて、現金預金以外の金融資産も分けて持っておくと、インフレ分を補うことができると思います。

とりあえず、銀行預金は必ずしも安全ではないということも合わせて覚えていきたいものです。