50代女性におすすめする長く働くことのできる資格3選

未分類

50代となると、仕事に就くことに対しての難しさを感じる年代かと思います。特に未経験の業種は、人手不足が叫ばれている今においても、なかなか仕事に就けないことが多いものです。

それもそのはず、企業は人手不足でありながらも、即戦力となる人材を求めているのです。

「50代」「女性」「未経験」「転職」を並べてみるとわかりますが、仕事の応募や求人の選考にあたっては不利になるキーワードだったりします。属性的に不利になることを転換させるには「資格」が一番です。

資格という武器を持ち、長く働ける職場探しをしていきたいものです。今回は、50代女性におすすめする長く働くことのできる資格を3つご紹介していきます。転職などの参考にしていただければ幸いです。

50代女性におすすめの資格

簿記

経理の仕事は、多くの企業でニーズがあります。会社規模によっては複数の経理担当を配置していることが多く、求人数で見ても安定的にある印象です。

経理の仕事に就くためには、簿記資格を持っていることが大きく有利に働きます。実情では、経理経験を重視する傾向にありますが、人手不足の背景もあって未経験でも仕事に就ける割合が上昇しています。

簿記資格の種類
  • 日本商工会議所 簿記検定試験(日商簿記)
  • 全国経理教育協会 簿記能力検定試験(全経簿記)
  • 全国商業高等学校協会 簿記実務検定試験(全商簿記)
  • 日本ビジネス技能検定協会 簿記能力検定試験(日ビ簿記)
一般的には、日商簿記が一番有名であり、評価もされやすい傾向にあります。

介護・福祉系資格

介護・福祉分野は高齢化社会を背景にまだまだニーズがある業種です。慢性的に人手不足のため、体力の続く限り働けることができるでしょう。未経験でも資格さえあれば採用になるケースが高く、経験もあればなお有利です。

実は介護分野は資格が多い業界でもあります。登竜門とされている「介護職員初任者研修」から始まり、「介護職員実務者研修」「介護福祉士(国家資格)」など幅広いです。

経験を積むことで、「介護福祉士」や「介護支援専門員(ケアマネジャー)」などの上級資格も目指せます。

他にもある介護・福祉系資格(一部)
  • 社会福祉士(国家資格)
  • 精神保健福祉士(国家資格)
  • サービス管理責任者
  • ガイドヘルパー
幅広く資格を持つことで、業界内で重宝されることも多いのも特徴の1つです。

医療事務

医療事務は高齢化社会を背景に福祉同様に人材不足が続く業界です。若い人のイメージがあるかもしれませんが、実は経験豊富な中高年が活躍できるフィールドだったりします。

事務作業という特性上、体力に不安のある人にはおすすめです。

医療事務資格の種類
  • 医療事務技能審査試験(日本医療教育財団)
  • 医療事務管理士(技能認定振興協会)
  • 診療報酬請求事務能力認定試験(日本医療保険事務協会)
  • 医療事務認定実務者(R)(全国医療福祉教育協会)
特に大きな差はありませんので、好きな資格を選ぶだけで良いでしょう。