頑張るミドル・シニアに「ふるさと納税」でごほうび

節約

ふるさと納税。大半の方は世間で話題になっているこの制度のことをご存じでしょう。

実際にどのようなメリットがあるのか、また具体的にふるさと納税をするにはどうしたらよいのかなど知ってるようで知らない方も意外と多いのではないでしょうか。

ふるさと納税の申し込みはとても簡単

ふるさと納税の申し込みはとても簡単です。

インターネットで「ふるさと納税」と入力して検索すれば、ふるさと納税のポータルサイトがたくさん出てきます。「ふるさとチョイス」、「ふるなび」、「さとふる」などが有名で人気があります。

簡単な会員登録をした後は、お好きな返礼品を選んで、画面の指示に従って手続きをするだけです。人によっては特定の自治体を支援したいという思いから、返礼品をもらわずに納税だけをする人もいます。

個人的におすすめは「さとふる」

まずは、ページを見てもらうとわかりやすいのですが、とにかく使いやすいです。特集やキャンペーンが頻繁に更新されたり、使いやすいマイページがお気に入りです。

認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイトと言われているようで、納得もできます。

「さとふる」でふるさと納税!

無料会員登録は非常に簡単となっていますので、まずは会員登録だけでもしてみましょう。

また、年末は駆け込み需要で人気のある返礼品は品切れとなるケースが多いです。なるべく早めの行動をおすすめします。

申込が終わったら、あとは待つだけ

返礼品の申し込みが終わったら、あとは品物が届くのを待ちましょう。

品物の種類や自治体によりますが、食料品などの通常の返礼品の場合は二週間から一ヶ月程度で届きます。家電商品などで人気の返礼品の場合は半年程度待つこともあります。

到着までにかかる期間は申込時にホームページ上に記載がありますので、あらかじめチェックしておきましょう。

ふるさと納税の最大のメリットは、年収に応じた上限まで納税を行うことで自己負担が2,000円だけで返礼品をもらうことが可能な点です。まだ使っていない人は、ぜひこのお得な制度を使ってみましょう。

ふるさと納税は各人の支払う住民税額の約20%が上限となっています。従って、高額納税者ほどたくさんの返礼品をもらえる制度になっています。

お金持ちほど得をするという今の日本では珍しい制度ですので、高額所得者の方々は利用しないと損かもしれません。