【定年後の医療保険の見直し】まずは自分の状態を知ることから

未分類

定年後の医療保険の見直しは最近よく聞く言葉です。どこまで必要なのかわからない点も多かったので、保険のアドバーザーに確認していろいろと聞いてきました。

医療保険の見直しを検討している方は参考にしていただきたいです。

どこまで必要なのか

定年後は収入が変わったり、ライフスタイルも変わるため、ライフステージとして大きく変わることでしょう。医療保険も同様にライフステージに合わせて変えていく必要があるとのことです。

実際には変えないという方も多くいるそうです。面倒という理由も多くありますが、定年後は健康状態に不安が出ることも多くあるため、保険の必要性を感じる方が多いのだとか。不安な場合は変えないというのもアリだと思います。

現役時代のときは3割負担でしたが、日本の保険制度では69歳まではそのまま3割負担が続きます。その後は70~74歳までは2割負担、75歳以上になると後期高齢者とされ1割負担となりますので、医療保険は段階的に下げていっても良さそうです。

あとは自分の健康状態によると思います。ずっと元気でいられそうならなくてもいいと思いますし、不安が合えば逆に手厚くするのも選択肢の1つです。

最後は保障内容に過不足がないか見直してみるのもいいです。現在の必要保障額を計算してみて、不要な部分は減額するのは保険料節約につながります。