都心部への縮小買いかえがトレンドになりつつある理由

その他

準都心のマンション購入や郊外の一戸建てを買うという流れが多いかと思います。都心に住むというよりかは都心から外に向う動きがメインルートとなっていますが、「郊外の一戸建て→都心のマンション」という新たなトレンドが生まれつつあります。

一見真逆にも取れるこのトレンドは何を意味しているのか、その理由を探りたいと思います。

キーワードは縮小買いかえ

子どもが独立して夫婦二人になり、スペースの余った一戸建てを想定してください。広い一戸建てを2人で住むのはあまりにも広すぎます。そこで広さが適した小ぶりのマンションを購入するというパターンです。

これを「縮小買いかえ」と呼ぶそうですが、定年後の選択肢の1つとして非常に多くなってきており、今後はトレンド化していきそうなくらいだそうです。

郊外や準郊外から都心部へ

いままでは車もあったので、最寄り駅から多少遠くても問題はなかったのですが、移住地から最寄りの駅への近さを重視するケースが目立ちます。交通利便性の高い立地を選ぶのが一般的です。同時に車も売却して、車のない生活をされるケースも多くなっています。

資金を残すため

一戸建てを売却して、小ぶりの安いマンションを購入。余ったお金を老後の資金にするというケースもあります。都心部のマンションでも築年数次第で意外にリーズナブルに感じる物件は多いということです。専有面積が狭いタイプは価格も抑えられることから、物件数の多い都心部ではすぐ見つかりそうです。

子供たちと近くに住む

都心部に子供たちが住んでいるというケースも少なくありません。できるだけ子供たちと近い場所に住むということを考えている人も多いのです。子供たちの近くに住むというのは双方メリットがあることでしょう。