相続税はしっかり払わないとあとで修正申告になることも

その他

相続税の問題で修正申告になった経験があります。額もそこまで大きくなかったことと意図的に申告漏れした訳ではなかったので、特に厳しい制裁を受けたわけでもないのですが、相続に関することは本当に難しいと感じました。

税務署はお仕事なので当然ではありますが、かなりの情報を持っていることにも驚きます。銀行口座の残高や不動産情報まで…

相続税が発生しそうなケースの場合は税理士さんか弁護士さんに依頼することをおすすめします。

税務署は細かい情報まで把握している

税務署は予想以上の情報を把握している場合が多く、なぜここまで知っているのかという疑問になったことがあります。

いろいろ調べるとわかったことですが、亡くなった方の情報は税務署にまず届くようになっていることから始まります。さらに税務署は確定申告や銀行などから届く情報によりある程度の資産額を把握しているとのことです。

もしかすると、独自に資産の調査も行っている可能性もあります。

相続税はややこしい面も

相続税は遺産の把握から始まり、遺産額の算出から各種控除、課税税率などケースにより異なるため、ややこしい一面があります。

自身で安易に行ってしまうとあとで税務署に指摘されて修正申告になってしまうケースも考えられます。実際に今回体験して思ったこととして、専門家に相談して行えばすごく楽だったと痛感しました。