ふるさと納税は納税ではなく寄附

節約

ふるさと納税が行われようになったことで、地方から移住している人の割合の高い東京都は、納税額が減ったと嘆いています。

ふるさと納税を行うのは単に地元への愛着だけではなく、地元の名産品が貰えるというメリットがあるからです。

ふるさと納税のシステム

ふるさと納税は「納税」という文言が入っているために誤解している人が少なくありませんが、本当は税金を納めているのではなく、地元に「寄附」をしています。

つまり、一定額の寄附をすると、2,000円を差し引いた金額に対して税金が安くなるという優遇措置を受けられるため、納税という文言が使われています。

仮に、50,000円をふるさと納税すると、2,000円を引いた48,000円分の所得税と住民税が控除されます。さらに、寄附をした自治体から納めた税額以上の地元の名産品が貰えるため、お得だと評判になっています。

寄附した金額に対する控除額

ふるさと納税をすると税額が控除されますが、控除されるのは以下の3つの税です。

なお、年収によって控除額が異なるため、名産品の価値が納税額以上になって儲かるとは限りません。

所得税

(ふるさと納税額-2,000円)×所得税率

控除対象の寄附金額は総所得金額等の40%が上限です

住民税(基本分)

(ふるさと納税額-2,000円)×10%

控除対象の寄附金額は総所得金額等の30%が上限です

住民税(特例分)

(ふるさと納税額-2,000円)×(1-10%-所得税率)
※復興特別所得税分は考慮していません

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税は税収の少ない自治体にとっては財源が確保でき、寄附した人は郷土の名産品を受け取れるため、双方にメリットのある制度です。

ふるさと納税はネットで探せる

話題になった「ふるさと納税」は、楽天市場内のふるさと納税専用ページを利用することでネットでカンタンにふるさと納税ができます。(楽天会員ならとても手軽な方法です)

ふるさと納税【楽天市場】

全国の魅力なお礼品がいっぱい掲載されています。好きな名産品を選んで、その自治体へお金を送るという手順を楽天市場内で完結できます。