年金支給額を減らさずに定年後も働き続ける方法

年金

最近では定年を迎えた後も、再雇用や再就職で働き続ける人が増えています。再雇用や再就職で働き続ける人の割合は7割以上とも言われています。しかし、年金をもらいながら働くと、もらえる年金が減ってしまうということが気になると思います。

今回はこのケースにおける「在職老齢年金」の仕組みを解説していきます。

「在職老齢年金」とは?

まず、60歳から65歳未満の「特別支給の老齢厚生年金」は在職している間は支給されません。ただし、標準報酬月額が一定以下の場合は一部減額された年金が支給される仕組みとなっています。

定年後も再雇用や再就職で働く場合の年金

定年後も働き続ける場合、厚生年金に加入となるため、年金保険料を支払いながら、老齢厚生年金を受給することになります。

厚生年金は70歳までは加入します。一方、性別と生年月日によって60~64歳に「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることができ、65歳からは「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」の受給がスタートすることになります。

在職老齢年金は「65歳未満」と「65歳以上」の2種類あり、65歳未満は毎月の老齢厚生年金の金額と1か月分の給与(ボーナスを含む年収を12で割ったもの)、高年齢雇用継続給付の合計額が28万円以下、65歳以上は46万円以下であれば、減額されずに全額支給されます。

給与やボーナスの金額によっては年金の一部あるいは全部の支給が停止する可能性があるので、不安があれば日本年金機構や年金事務所に確認してみるのも良いでしょう。