【意外と知られていない年金】「寡婦年金」をご存知ですか?

未分類

「寡婦年金(かふねんきん)」をご存知でしょうか?

「寡婦年金」とは、自営業者などで国民年金を10年以上払った夫が老齢基礎年金や障害基礎年金を受け取ることなく亡くなった場合に、妻が60歳~65歳の間もらうことのできる年金になります。

「寡婦年金」は全体的に対象者が少ないということから、あまり知られていないという特徴があります。また、「寡婦年金」はいくつかの注意点もあるので確認していきましょう。

「寡婦年金」の支給額

実際にいくら受け取れるのかというと、夫が受け取れるはずだった老齢基礎年金の3/4となっています。ただし、この老齢基礎年金とは、第1号被保険者期間の部分に限られるので注意。

夫が国民年金を20年納付して、次に厚生年金を10年納付したという場合になると、国民年金20年分の給付金額に対して3/4を乗じた金額が支給されます。

「寡婦年金」を受ける条件

「寡婦年金」は前述の通り、自営業者などで国民年金(第1号被保険者)を10年以上払った夫が、老齢基礎年金や障害基礎年金を受け取ることなく亡くなった場合に、妻が受け取ることができます。

ただし、亡くなった夫と10年以上継続して婚姻関係にあり、生計を維持されていた妻に限ります。さらに「寡婦年金」は存在しますが、「寡夫年金」は存在しません。同じ条件でも妻しか受け取ることができない年金制度となっています。

「老齢基礎年金」を繰り上げ請求には注意

老齢基礎年金を繰り上げて請求してしまった場合は、妻が65歳未満でも寡婦年金をもらうことができなくなります。

老齢基礎年金を繰り上げ受給している場合は、寡婦年金の受け取りはできませんが、死亡一時金は受け取ることができます。

「死亡一時金」と「寡婦年金」、どちらかしか受け取れない

死亡一時金と寡婦年金は両方受け取ることはできず、どちらか一方を選択しなければなりません。選択肢としては、「お得」になる方を選ぶことになります。参考までに、死亡一時金の給付も確認しておきます。

【死亡一時金】保険料納付済期間の長さにより、12万円から32万円が給付されます。給付回数は1回限りです。

「寡婦年金」は請求しないともらえない

「寡婦年金」も他の年金同様に請求しないともらえません。

自分が該当しているかの確認や該当している場合は請求を忘れないようにしておきたいです。もし、忘れていた場合は時効の5年以内であれば請求が可能となっています。わからない点がありましたら、お住まいの市区町村の役所に問合せしてみると良いでしょう。