特A米を試すなら、ふるさと納税を活用しましょう

未分類

今年も「特A」米が決まり、全部で43銘柄となってます。毎年の常連「特A」銘柄や新たに「特A」の判定を受けた銘柄まで多数が出そろいました。

気になる銘柄があるのなら、買ってみるのも良いですが、ふるさと納税を活用するというのも手です。

自治体としては、ふるさと納税を活用してお米をアピールする絶好のチャンスであり、ほとんどの自治体でお米を取り揃えているのです。人気の高いブランド米になると、在庫切れになっていることも多いので、早めに申し込みをしておきたいですね。

ふるさと納税について

「ふるさと納税」とは、自分が生まれた故郷や応援したい自治体に寄附ができる制度です。自治体では、寄附に対するお礼や感謝として、その自治体の名産品などを「お礼の品」として用意していることが多いです。

寄附者は確定申告やワンストップ特例制度を活用すると、所得税や住民税の控除が受けられます。寄附金の控除上限額は収入や家族構成により異なります。年金受給者で税金を納めている人も対象。年金収入の場合は税額が抑えられる特徴を持つので、還付金額も多くないのでご注意ください。

人気のあるブランド米

北海道産の「ゆめぴりか」や「ななつぼし」は毎年人気の銘柄です。2年連続で「特A」を獲得した京都丹波産の「キヌヒカリ」は「特A」を獲得した効果で寄付金が殺到したという話もあります。

今回、初めて「特A」を取得した、埼玉県の「彩のきずな」、高知県の「にこまる」、佐賀県の「夢しずく」の3銘柄には今回は注目されるかもしれません。

返礼品の検索や自治体探しは「楽天市場」でも

最近では、「楽天市場」でふるさと納税を行えるようになっています。ふるさと納税について詳しく知ることもできます。

【楽天市場】ふるさと納税

気になるお米の銘柄を検索してみたり、応援したい自治体を検索してみて何がもらえるか確認することもできます。ぜひ活用してみてください。