配偶者優遇の相続制度案の概要について

その他

40年ぶりに相続制度が変更になりそうです。現段階ではあくまでも案ですが、今回は大幅の変更になりそうなので、今のうちにある程度知っておくと良いかもしれません。

現在公表されている要綱案のポイントを確認しましょう。

相続制度案のポイント

配偶者居住権の新設

配偶者が相続開始時に居住していた建物に住み続ける権利を得られるというものです。これにより所有権が無くても住み続けることができます。

居住権の評価額を安く算定

配偶者居住権との合わせ技で配偶者の財産の取り分が増加する仕組みになります。

介護に尽力した場合において金銭請求

6親等以内の親族に限るが、相続人以外の親族が介護などをした場合、相続する権利がなくても、遺産の相続人に金銭を請求できるというもの。

配偶者が生前贈与や遺言で譲られる住居は遺産分割対象外

結婚20年以上となる配偶者に限り、生前贈与や遺言で譲られる住居が遺産分割の対象から外れるというものです。

配偶者が遺産分割前に一部預貯金の引き出しが可能

配偶者が生活費を確保する目的や葬儀費用の支払いなどのために故人の預貯金を金融機関から引き出しやすくする「仮払制度」を創設します。

今回の大幅変更が実現した場合

配偶者に大きなメリットがある相続制度が特徴的になっています。故人に対する深い関係性を大きく考慮したものになっているのがよくわかります。

配偶者はメリットがある分、他の相続人とは大きな溝が生まれる場合もあります。親族との関係がうまくいっていないケースではトラブルになりうるリスクも含まれる点も覚えておきたいです。