たったの2年で元が取れる、国民年金の「付加年金」を忘れずに

年金

国民年金の「付加年金」は現在、国民年金を支払っている方におすすめです。

付加年金の仕組み上、たったの2年で元が取れるから驚きです。国民年金を払っている方は入らない手はありません。むしろ、入らないと損をするというレベルでしょう。

付加年金の仕組みと申し込み方法は以下の通りです。

付加年金とは?

国民年金の保険料に月額400円の付加年金を加えて払うことができます。400円は固定でさらに多く払うということはできません。

この付加年金をかけていると、「200円×付加保険料を納付した月数」が通常の国民年金に加えてもらうことができます。しかも、年金を受給してから生きている限りずっともらえるという特徴を持っています。

納めることができる方

国民年金第1号被保険者
任意加入被保険者(65歳以上の方を除く)

付加年金額

付加年金額は上記にある通り、「200円×付加保険料納付月数」です。

例えば、20歳から60歳までの40年間、付加保険料を納めていた場合の年金額は次のとおりとなります。

200円 × 480月(40年) = 96,000円

(毎月の定額保険料(平成29年度:16,490円)を40年間納めた場合⇒779,300円※平成29年度時点の金額)

さらに付加年金は定額のため、物価スライド(増額・減額)はありません。つまり、付加保険料を納めた分はたったの2年間で元が取れちゃうのです。

付加年金の申し込み方法

お住まいの市区役所及び町村役場の窓口で申し込みが行えます。

手続きは非常に簡単で、お住まいの市区役所及び町村役場の年金コーナーにて、「国民年金付加保険料納付申請書」を窓口にて申請するだけです。

付加年金を知っているかどうかで大きく差が出てくることもあります。対象になる方はぜひ申請をオススメします。