自分が勤める会社の退職金の有り無しや金額を調べる方法

その他

退職金っていくらもらえるのかわからない」「そもそも、退職金はもらえるのか」など、退職金について疑問を持つ人はとても多いです。それはみなさんもご存知の通り、退職金は労働基準法での定めはなく、会社は退職金を支払うかは任意であることが大きいでしょう。

退職金を定める場合は、労働基準法第89条で就業規則に記載しなければならないとしています。このことから、退職金の有り無しについては就業規則を確認すれば、わかるようになっています。

その他、退職金に関することについて、いくつかまとめておいたのでご確認ください。

退職金はいくらもらえる?

退職金が支給されるかは先ほど書いたように就業規則で定められます。実は退職金を決定する計算方法も明記しなければならないルールになっているのです。

そのため、退職金の具体的な金額についても就業規則にて確認すると良いでしょう。

退職金は賃金?

会社においては「会社の承諾なしに退職した場合は支給しない」などといったルールを定めているケースもあります。これに該当してしまい、退職金がもらえないというケースもまれにあるでしょう。

退職金規定が就業規則に定められている場合は「賃金」とみなされることが一般的で、会社のルールがあっても請求できる権利があることを忘れずにしておきたいです。

実際にこのような規定は無効とする判例も存在しています。

退職金の慣例を調べる

就業規則に退職金の定めがない場合においても、過去に退職した人が退職金をもらっていれば、その例に習って退職金の支給を受けることができる場合もあります。

退職金はないと思っていても、実は退職金規定が存在していることもあるので要注意です。このようなケースは中小企業に多いようです。

退職金について

労働基準法において、必ず規定しなければならないものではないので、わかりにくいものになりつつあります。

規定がなくても、退職金を支払う会社もあります。希望退職を募集する場合や会社に大きな貢献をした人に退職金を支給したり、規定を上回る金額が支給される場合もあります。

退職金については就業規則にあるかどうかで基本的に決まってきますが、頑張り次第でもらえることもあったりといろいろなケースが存在するようです。