クレジットカードのリボ払いは大きな落とし穴もある

節約
クレジットカードでの支払いで便利な「リボ払い」

毎月定額で支払えるというメリットがある分、デメリットも多い支払い方法でもあります。仕組みをしっかり理解している人なら問題はありませんが、なんとなく利用してしまうと、無駄な手数料を払うことにつながることもあります。

今回は、そんなリボ払いのメリット・デメリットについて説明していきます。

リボ払いのメリット

一般的な使い方では、クレジットカードを利用してあまり買い物をしなかった月は、支払いが少なくなり、逆に大きな買い物をしてしまった月は、支払う金額が大きくなります。

一方リボ払いでは、この毎月支払うべき金額を定額にして支払っていく方法です。支払額があらかじめ決まっているので、毎月の支出を固定することが可能となっています。支出の管理がしやすく、高額な請求金額が来る心配もありません。

リボ払いのデメリット

支払い金額に安心面が特徴ですが、総支払額にはデメリットがあるのも特徴です。

支払いが長期化しやすい

リボ払いの設定金額にもよりますが、1回払いと違って残債を次の月に渡すので、支払いの完了まで時間がかかる特徴があります。

その際にまた新規で利用してしまい、利用金額だけが膨らんでしまうというケースが多いです。中には利用限度額にまで到達してしまい、高額な定額返済を余儀なくされる方もいます。

リボ払いは分割払いに近い

リボ払いは前述の通り、長期化しやすいことから、分割払いに限りなく近いと言えます。分割払いといえば、気になるのは手数料でしょう。リボ払いも同様で年率15%程度の手数料がかかってしまいます。

リボ払いは、キャッシング同様で借金していることと同じです。毎月の返済額は小さくなっても、期間かけて返済することになり、最終的には高い手数料を追加で支払うという仕組みを理解することが大切となってきます。

リボ払いでやっておきたいこと

リボ払いの仕組みについて、ある程度の理解ができたと思います。

リボ払いの月々の支払い設定金額をできる限り多めにしておくと。支払いは長期化しにくいのでまずおすすめします。

やむを得ず、高額の買い物が必要でリボ払いにて支払うこともあるでしょう。このケースでは、そのあとに利用する買い物については1回払いを利用することで、利用金額は膨らみにくいです。意識して買い物しておきたい所です。

便利なリボ払いですが、使い方を誤ると非常に危険なものになってしまいますのでご注意ください。