続かない家計簿をできる限り続ける方法を考えました

節約

家計簿は自分の生活の中で、何にどれくらいお金を使っているのかを知り、無駄になっていることや減らせる項目に気付くことができる大切なものです。家計簿をつける理由としては「節約や貯金をしたい」という方が多いと思います。

しっかり家計簿をつけて、節約や貯金につなげている方は良いですが、家計簿を始めるけどいつも長続きをしないという方も実は多くて、挫折を経験した方も多いのではないでしょうか。ちなみに私もその1人です。

今回は家計簿をつけるのが苦手な私が長続きできた方法をお教えします。とても簡単でズボラな方法ですが参考にしていただけると嬉しいです。

家計簿が続かない理由

家計簿を始めた当初は記入するのが楽しくて無駄にこってしまったりとやる気十分ですが、時間が経つにつれてめんどくさくなったり、1日つけることができないともう記入したくなくなったりしがちです。

主には収支にズレが生じたり、膨大なデータが必要なのでレシート等の管理が手間になるということで挫折することが多いと思います。

そこでズボラな家計簿を提案

もっとラフな感じの家計簿だと長続きします。

収支はズレても大丈夫、レシートがなければだいたいの金額を入れたり、1日単位で記録する家計簿を使わずにシンプルな家計簿を使うなどでとりあえず家計簿をつけている感覚でやってみましょう。

例えば、1か月通して収支がズレたとします。1万円ズレたとしても、娯楽費1万円とかで帳尻合わせします。1日飛ばしても、だいたい3千円使ったとかアバウトに記入してもOKです。

会社の経理ではないので1円単位まで知る必要性はそこまで高くはありません。ざっくり家計簿で家計簿生活をスタートすることをおすすめしたいです。