繰越済みの銀行通帳は本当に必要?

その他

銀行口座をお持ちの方なら誰でも経験し困るのが、記帳するページの無くなった通帳の処分方法です。

この中には、個人情報や金融取引履歴、そして口座番号や古い場合は印鑑が押印してあったりします。記帳が全て完了した際に、繰り越し済みと表示され、使用できないように穴開けされたりしますが、簡単に処分することを躊躇してしまいます。

銀行口座番号については、暗証番号やキャッシュカードがなければ使用できませんし、今ではシュレッダーや専用のハサミで切り刻むことで処分自体は容易です。

処分しにくい理由

しかし、多くの方が処分できないのは取引履歴があるからです。いつどのような入金や出金があったか調べることが可能と思い、手元に残しておきます。

実は取引履歴は銀行に行けば、過去の取引履歴を請求することができます。わざわざ、手元に保管する必要なんてありません。

特に古い通帳にある印影は厄介です。今は、簡単に印鑑をコピーされてしまうことがあり、盗まれた際はとても危険です。通帳については、適切な方法で断捨離することをおすすめします。