2018-07

スポンサーリンク
その他

セカンドライフの世帯収支統計を見て感じること

セカンドライフをこれからに控えている人にとって、気になる1つとして、収入と支出の金額かと思います。 実際に65歳以上のシニア世帯を対象とした統計データがあるので、見ていきましょう。 65歳以上のシニア世帯の収支統計データ ...
未分類

定年退職した後にできる効果的な節約方法とは?

定年退職をした後は、年金生活になるので収入が減ってしまう事が多いです。今まで通りの生活をしていると苦しくなってしまうので節約していく必要があります。そこで定年退職をした後はどのように節約をしていけばいいのか見ていく事にしましょう。 光回線...
未分類

国民年金保険料の滞納における強制徴収

近年、よく聞かれるのが年金への不安です。国民年金制度が崩壊して年金が受給できなくなるのではないかということですが、実態はどうであれ、年金保険料を納めることは法律で義務付けられているため、年金保険料を勝手に滞納すると強制徴収が行われます。 ...
年金

自分の老齢厚生年金を計算する方法(計算式など詳しく解説)

老齢基礎年金の受給額の計算は比較的簡単です。平成30年度は満額で779,300円です。 各年度の満額は平成16年に法定された満額である780,900円を基準として、これに毎年決められる改定率を乗じて計算されています。 【平成...
年金

iDeCoへの拠出の単位が月から年へ変更になった

「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の制度が改正され、掛け金の拠出が従来の月1回から、年1回積み立てれば良いというルールに変更されました。 これからiDeCoの加入を検討している人、またすでにiDeCoに加入している人でも、改正内容を...
その他

老後の不安はお金だけではなかった

幸せな老後は、お金があれば送れるとは限りません。老後の不安でお金と共に多いのは「孤独」です。その他には、遺産相続や片付けなどもあるでしょう。 今回は、老後の孤独について考えていきたいです。 生活リズムが大きく変化 いままで、何十年...
未分類

相続した不動産の売却時における課税の特例措置

親が亡くなるとその時点で遺産相続が始まりますが、主な相続財産が「不動産」というケースが少なくありません。ただ、不動産を相続しても、そこに居住する人がいない場合や、相続税の納付などのために売却せざるを得ないことがあります。 譲渡所得税におけ...
年金

国民年金の受給額を増やすために加入しておきたい付加年金

日本は国民皆保険制度になっているため、サラリーマンや公務員は厚生年金、それ以外の個人事業主や学生、フリーランスは国民年金に加入します。ただ、国民年金は厚生年金と違って受給額が少ないため、希望する人には受給額が追加される「付加年金制度」があり...
投資

【株式】配当金はいつ決まる? いくらもらえる?

株式を持っていると、「配当金」や「株主優待」をもらえる場合があります。好きな会社や応援している上場企業の株式を買っている人もいるでしょう。 株は持っているけど、配当金はいつもらえるのか、いくらもらえるのか気になることもあります。 ...
節約

50代は少しずつお金に対する習慣を変える準備期間

50代でお金を使いすぎていると60代以降に後悔するかもしれません。 50代のうちに貯蓄しておくのも大事ですが、来るべき老後の生活に備えて、50歳代のうちから今までのお金の習慣を徐々に変えていくというのはもっと大事なことです。 い...
スポンサーリンク