贈与税がかからないように贈与する

節約

親というのは誰しも、子供や孫が生活に困らないように自分の財産を譲りたいと思うものですが、財産を贈与すると高額な贈与税がかかります。ところが、贈与の方法を工夫すると、1円の贈与税も取られずに済むことがあります。それが「暦年贈与」です。

贈与税が課税される贈与

贈与税の対象になるのは、贈与を受けた人(受贈者)の1年間(1月1日~12月31日)の受贈総額が基礎控除(110万円)を超えた場合です。

つまり、1年間に110万円以内の額であれば、毎年贈与していても税金が掛からないということであり、申告する必要もありません。これを「暦年贈与」と言います。

ただし、税務署から「相続税対策」と疑われないように、贈与であることを明確にする必要があります。つまり、受贈者自身が財産を受け取ったと認識し、自身で財産を使ったり、処分していたりしなければなりません。

暦年贈与であることの証明

贈与であることを明確にするために、以下の処理をすることが必要です。

贈与する金額の変更

毎年同じ日に同じ金額を贈与するのではなく、贈与額や贈与日を変えます。同じ日に同じ金額を贈与していると「連年贈与」と見做され、贈与税の対象になります。

例えば、自動的に100万円を10年間贈与していると、1,000万円を100万円ずつ10年間に分けて贈与する連年贈与契約と判断され、1,000万円に対して贈与税が課されます。

受贈者が受贈金を管理

受贈されるお金は受贈者の銀行口座に振り込み、通帳や届け出印、キャッシュカードなどは贈与者ではなく、受贈者が保管しておくようにします。

ポイント
贈与税は基本的に年間で110万円を超えた金額を贈与された場合に課税されます。暦年贈与をする場合は、自動的な贈与にしないことが必要です。