最も分かりやすい節約方法は通信コスト管理だった

未分類

将来に備えて貯蓄と投資を増やしたいと考えた時に、支出面の見直しは必須です。

生活レベルをさほど引き下げずに効果を実感しやすい方法として、通信コストの見直しがあります。なぜなら、通信コストは使い方を少し見直したり、料金を見直すだけでも毎月数字で表れるからです。では、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

携帯電話の見直しは格安SIMを考える

中高年にとってスマートフォンは敷居が高いものではなく、画面サイズが大きく文字が見やすい多機能電話です。年齢が上がるほど、頻繁に機種変更をしない人が増えるので、機種は一括で購入して通信契約だけは格安SIMへ移行すれば、毎月の携帯電話にかけるコストが2,000円を切ります。

多少通話をしたとしても、家族や親しい友人とはSNSツールを使った無料通話アプリ(LINEなど)にて通話すれば良いので、毎月の携帯電話料金を通話料込みで3,000円以内に抑えることも容易です。

今現在の通信料と比較すれば、使い道がある程度決まっている中高年にとって、格安SIMへの切り替えは合理的と考えられます。

インターネットは割安感と安定性を重視する

スマートフォンよりも更に大画面で情報が得られるパソコンやタブレット端末は、双方向通信により安定した品質を重視して選ぶと割安感を得られます。

昔ながらのADSLやケーブルテレビ接続では、下り速度のみが重視されていましたが、Wi-Fi環境を構築する必要があるタブレット端末を使い始めると、上り速度の不足を実感できます。

家庭内まで光ファイバーケーブルを直接引き込むFTTH方式の光ファイバーならば、家族全員で使えるのでWi-Fi環境構築とセットにすれば安定性と割安感の両方を得られるわけです。

固定電話のIP電話化は緊急時にも役立つ

家庭内の通信コストの中でも固定電話利用率が下がっていると実感する家庭が増えており、固定電話を廃止する家庭が少なくありません。しかし、大規模災害時に携帯電話が繋がりにくくなる事態が、東日本大震災でも起きました。

規制対象となるのはアナログ接続の固定電話だったこともあり、ひかり電話などのIP電話化した回線は電気と通信が出来る状態ならば問題なく通信できたことで見直されています。

FTTH回線を引き込んでいれば、基本料金を月500円程度からIP電話を持てるので、いざという時の備えとして使えます。