個人型と企業型の2つの確定拠出年金

年金

公的年金制度の破綻への不安や、銀行預金の低金利への不満から、確定拠出年金を利用する人が増加しています。その確定拠出年金には「個人型確定拠出年金(iDeCo)」と「企業型確定拠出年金(DC)」の2種類があります。2つの私的年金では制度上、異なる点がいくつかあります。

個人型確定拠出年金(iDeCo)のシステムと特徴

iDeCoは「個人型」という名の通り、個人で掛け金を決めて運営者に拠出します。基本的に、全ての国民が加入できます(DCを利用している人は企業から併用を認められていることが条件)。

iDeCoの仕組みは、加入者が支払った掛け金は加入者専用の口座に積み立てられ、60歳以降になると積立てた掛け金に運用で得た収益が加算されて年金や一時金として給付されます。

なお、拠出上限額(月額)は以下になっています。

・自営業者:68,000円
・DCに加入していない会社員:23,000円
・DCに加入している会社員:20,000円
・DC以外の企業年金に加入している会社員:12,000円
・公務員:12,000円
・専業主婦:23,000円

企業型確定拠出年金(DC)のシステムと特徴

DCは企業が掛け金を毎月積立て(拠出)、従業員自らが金融商品の選択や資産配分の決定など、年金資産の運用を行います。そして、定年退職を迎える60歳以降に、積立ててきた年金資産を一時金(退職金)、もしくは年金の形式で受け取ります。

なお、掛け金は企業に負担してもらえますが、運用の結果はあくまで従業員の自己責任になります。従って、運用成績によっては将来受け取れる退職金や年金の額が減ったり増えたりします。

企業から拠出される月額の上限額は以下になります。

・他の企業年金がある場合:27,500円
・他の企業年金がない場合:55,000円

最後に

確定拠出年金は掛け金の全額が所得控除(DCは損金扱い)、運用益の非課税、年金受給時の税制優遇などの特典があり、加入するメリットの大きい制度です。ただ、掛け金を運用するため、運用の結果いかんで将来の年金の受給額が増減するというリスクもあります。