セカンドライフの世帯収支統計を見て感じること

その他

セカンドライフをこれからに控えている人にとって、気になる1つとして、収入と支出の金額かと思います。

実際に65歳以上のシニア世帯を対象とした統計データがあるので、見ていきましょう。

65歳以上のシニア世帯の収支統計データ

 総務省「家計調査 家計収支編」(平成28年) 月額
収入(公的年金など) 21.1万円
支出(生活費など) 26.7万円

臨時支出は含まない統計のようですが、支出が収入を大きく上回っています。その差は5.6万円。年間にすると70万円近い金額となっています。

このことからわかることは、退職金や貯蓄などを切り崩して生活していることが想定できます。貯蓄が少ない世帯ではやりくりが厳しいも見てとれます。

このことから感じること

まだ稼働できるうちはできる限り働いておき、お金を貯蓄しておくこと。節約はできる限りで努力することなどを感じました。

上記の統計によると1年間で70万円の不足が生じるとあります。定年退職してから30年間生活すると考えると、およそ2,100万円もの貯金が必要になりますね。これに住宅の修繕や旅行などの特別出費が入るとなると相当なものになるでしょう。

いまできることで考えると、まずは働くこと、そして節約ということになることを実感しました。