2018-07

スポンサーリンク
年金

老後資金と年金の基本的な考え方

会社などを退職後は年金収入などを基本として生活することになります。しかし、退職後の生活年数も長期化しており、第二の人生を満足できるものにするには年金以外の収入についても準備しておくことが重要になります。 老後の生活資金について 会社など...
その他

贈与税における暦年課税方式について

子供が親からお金を貰ったり、不動産を譲り受けたりしても、親子の間だからと何も考えていない人がいますが、親子であろうが他人であろうが贈与に変わりはなく、一定額以上の財産を貰えば、贈与税という税金を支払わなければなりません。 贈与税における暦...
その他

相続税における控除額について

被相続人が亡くなったことで相続人が遺産を相続すると、「相続税」が課されます。通常は、法定相続人である母親と子どもが遺産を相続するため、母親と子供が課税対象者になります。ただし、相続税には「基礎控除」があります。 基礎控除額の算出方法 相...
年金

年金の支給額は現役時代の給与と加入期間で決まる

「自分はいくら年金をもらえるのか?」 このようなことを気になっている人も多いはず。まずは、支給される年金額の概算だけでも知っておくと、定年後の資金計画がより具体化してきます。今回はその方法について解説していきます。 「ねんきんネット」で...
節約

贈与税がかからないように贈与する

親というのは誰しも、子供や孫が生活に困らないように自分の財産を譲りたいと思うものですが、財産を贈与すると高額な贈与税がかかります。ところが、贈与の方法を工夫すると、1円の贈与税も取られずに済むことがあります。それが「暦年贈与」です。 贈与...
節約

「小規模宅地等の特例」で生活に必要な住宅等を売却しなくても済む

夫が亡くなった際に、残された遺産が自宅だけということがあります。自宅だけを相続した妻に相続税が課されると、自宅を処分するしかなくなることで、妻は路頭に迷います。そんな悲劇が起きないための救済措置が設けられており、それが「小規模宅地等の特例」...
年金

国民年金の支払いは生活が苦しい時に減免申請できる

定年まで勤務する前に突然リストラに遭った時には、国民年金の減免申請が出来ると知っておくと良いです。年金事務所へ出向いて失業状態を証明しつつ申請を行うと、一部免除だけでなく猶予措置も受けられますが、申請をするようには勧められません。 こ...
節約

電気を普通に使いながらも料金を節約する方法

電気代の節約はこれらを意識すれば、大きく節約に 家庭生活における光熱水費としては、電気代、ガス代、水道代が上げられます。これらの経費を節約する為にどうしたらいいのか、一番の近道は使用量を控えることですがこれには限度があり、あまり控えすぎる...
未分類

「クレジットカード節約」を考えてみました

家計をよくするために節約を必死にしていました。おかずを減らしたり、安いものを買ったりしていましたが、ある程度してくるとそれもそこまで影響がないように思えました。 ということで、調べて節約方法を根本から見直すことにしました。 クレジッ...
年金

厚生年金の経過的加算をかしこく使う方法

ある条件を満たしている場合、国民年金の保険料を支払わずに未納にした方が得なケースがあります。 国民年金は、加入期間が20歳から60歳の40年間と定められています。一方、厚生年金には基本的には加入期間の制限がありません。しかし、サラリー...
スポンサーリンク