定年前には年金の金額を早めに確認しておきましょう

年金

年金定期便などで受け取る年金の金額が確認できます。定年を迎える前に金額を把握しておくと老後の計画が立てやすくなります。退職金と共にどのように運用したり、貯蓄するかなども早めに情報を集めて準備しておくといいでしょう。

早期受給(繰り上げ受給)を検討してみる

年金には早期受給という制度があります。現在なら、60歳以上ならば前倒しで支給してもらうことが可能です。(繰り上げ受給制度)

繰り上げ受給した場合には、年金の支給額が減額されてしまいますが、何らかの理由で早く年金が欲しい場合や、投資に使う場合などには有効な手段となります。単純には支給額が減る分損をするのですが、他のメリットが見出せるのなら便利な制度です。
受給開始時期は決めることができても、受給期間の終了時期は誰も予想はできませんので、早めにもらいたいという人もいるようです。

世代ごとに制度が変化することに注意

年金の制度は世代ごとに条件が変化します。前項の繰り上げ受給も可能な年齢は世代よって違ってきます。

年金は国の拠出によって行われるため、条件を変更せねば年金機構自体が破綻を迎える危険があるからです。

若い世代の人達は、現在と比べて待遇が悪くなると感ざるを得ません。自身の世代の条件を詳しく調べて、しかるべく対応策を考えておく必要があります。

現在すでに受給している人たちの情報は世代が違えば適用されないものがあることを考えておかなくてはなりません。

年金の情報はしっかり確認

年金に関する不安要素が色々とささやかれている時代です。国民の権利とはいえ、すでに世代差が起こっている現状です。年金受給が間近な人と言えども、何も心配がないとは言い切れませんので、情報収集はちゃんとしておいた方がいいでしょう。