年金の受給を遅らせることで年金額はどのくらい増えるのか

未分類

年金の受給を繰り下げることで、受給できる年金額が増えるということを知っている人はそれほど多くないようです。繰り下げるかどうかは、個人次第ですが、知識としてどのようなものであるのかを知っておくことはマイナスにはならないでしょう。

年金受給の繰り下げの制度の概要

年金受給の繰り下げ制度は色々細かい決まりもありますが、ざっくり言えば通常65歳から受給する老齢厚生年金と老齢基礎年金を65歳になっても受給せず、「繰り下げ受給」を選択すれば一か月あたりに0.7%の年金受給額を増やすことができるという制度です。

最高70歳からの受給まで繰り下げることができますから、0.7%×60ヶ月で最大42%の年金額アップができます。

仮に65歳で100万円の年金が受給できるという人は、70歳からの受給にすれば142万円の年金を受け取ることができるという計算になるのです。

年金受給の繰り下げ制度の注意点

年金受給の年齢を従来の65歳から繰り下げることによって、大きな年金受給額のプラスを受け取ることができますが、年金の繰り下げ期間中は年金の収入をあてにできないということはしっかり覚えておきましょう。

単純な計算をすれば、もしも70歳からの年金受給にすれば、82歳よりも長生きすれば65歳からの年金受給よりもプラスとなります。健康に自信のある人や高齢になっても収入があるという人は検討する価値はあるのではないでしょうか。

知っておくことであとで後悔はしない

言うまでもありませんが、年金受給の繰り下げ制度は個人の考え方や個人の生活によって方針が全く違うということになるでしょう。

ただ、このような制度があるということを知っておき、年金受給の前に調べておくということは常に重要なことなのです。